伊勢丹相模原店×女子美術大学コラボ企画に資材提供しました

8月14日より展示中の伊勢丹相模原店と女子美術大学のコラボ企画に、相模原木材センターでも資材提供を行いました。

1990年に開業した伊勢丹相模原店はこの9月30日をもって閉店することになっており、その29年間の感謝をこめて、同じく1990年に相模原にキャンパスを構えた女子美術大学と共同で展示イベントを企画しました。このような企画にごく一部分でも関われたことに深い感慨を覚えます。

会場は伊勢丹相模原店の2階正面玄関。高さ6メートルの巨大な木の造形物が登場しました。
作品に込められたメッセージは

「 THANK YOU SO SO MUCH! 」

コンセプトは「みんなで完成させる大きな木」。同展示は参加型の作品で、同大学の学生が製作した木の幹に、来場者が選んだ木片や学生によるワークショップの作品が貼付され、段階的に作品が完成していく仕組みになっている。最後のピースは8月末まで同店2階で記入できるメッセージカードで、9月11日に展示される。

作品は閉店当日まで展示されます。ぜひ足を運んで参加してみてはいかがでしょうか。

DSC_0306

DSC_0302

townnews 1

出典:タウンニュースさがみはら南区版No.1467(2019年8月22日(木)号」より

2019年8月23日