2015 年頭のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。旧年中はひとかたならぬご愛顧・お引き立てを賜り誠にありがとうございました。

さて、昨年を振り返りますと、4月に消費税の増税があり、3月までは若干その効果もあり売り上げが増加しましたが、4月以降はずっと落ち込んだままで越年し、厳しい状況が続いております。

では今年はどうなるかと申しますと、大方の予想では新設着工戸数の予想が85万戸前後ではないかとされています。昨年と比較しましても若干厳しい数字となりますが、人口が減少している現状では致し方ないかとも思います。しかしそのような現状の中でもいかにして売り上げを伸ばしていくか。他の人と同じ事をしていたら伸ばせないと思います。そしてこれから2020年のオリンピック・パラリンピックまで首都圏においては施設の建設ラッシュになると思います。その上、東北の復興が本格的に始まれば、建設ラッシュに拍車をかけることが想定されます。その中には人手不足・資材不足も考えられると思います。価格の高騰も考えられるかもしれません。長い目で見ると建設業界全体ではしばらく好景気が続くと想定されますが、そのような中で一般住宅だけが取り残されることのないようにするには、一層の努力が必要になると思います。

今年は、省エネポイントという形で住宅エコポイントが復活します。昨年は木材利用ポイントや住まい給付金等がありましたが、利用された方は大手住宅メーカーで家を建てられた方ばかりで、一般の工務店さんの利用はほとんどありませんでした。これでは町場の工務店さんは仕事がとれません。もっと積極的に利用し、自分のご商売に結びつけていただきたかったと思います。今後も私たちが様々なお手伝いを致しますので、是非積極的にご利用いただき、商売に結びつけていただきたいと思います。弊社と致しましては、長期優良住宅の取り扱い、長期優良住宅の設計支援から住宅ローンや瑕疵保険の取り扱いもしております。皆様のベストパートナーとなるべく、日々努力しておりますので精々ご利用賜りたくお願い申し上げます。

年頭にあたりまして、今年は皆様にとりまして良い年となりますようにご祈念申し上げ挨拶とさせていただきます。本年も一年よろしくお願い申し上げます。

2015年2月28日